ブラ透け女子学生と嵐の夜に…(チンジャオ娘)あらすじ・ネタバレ

ブラ透け女子学生と嵐の夜に…(チンジャオ娘)あらすじ・ネタバレ

Handyコミック【ブラ透け女子学生と嵐の夜に】※スマホ専用

↑↑↑↑↑↑

無料で立ち読みは画像をタップ♪

 

超人気エロ漫画家、チンジャオ娘、まる。ワイエムドットコムによろタッグ作品
1話ずつではなく1巻まるごとタイプ!100ページクラスの超圧巻のボリューム
超爆乳の清楚系女子高生レイプ漫画
お楽しみ特典でヌキ所を選んでオナライフが楽しめます
ヌキどころ満載なオススメエロ漫画です。

 

  • 作品名・ブラ透け女子学生と嵐の夜に…
  • 作者・チンジャオ娘 まる。 ワイエムドットコム
  • 配信サイト・Handyコミック
  • 公開巻数・全2巻 完結
  • 購読ポイント・ 1巻 500ポイント

 

 

  • 1巻・偶然立ち寄った海の家。雷に怯える女子学生を押し倒して
  • 2巻 ・快楽に溺れ女の貌を浮かべる少女に深く腰を打ち付け中に…

 

【第1話】「偶然立ち寄った海の家。雷に怯える女子学生を押し倒して」あらすじ・ネタバレ・感想

 

 

俺は仕事で出張先の田舎町に来ていた仕事が終わりバスには乗らずに散歩がてら海沿いの道を歩いていた

 

 

そこにいきなりのゲリラ豪雨が降ってきた!

 

 

ダッシュで一時避難しようと小屋を発見するが鍵がかかっていて中にははいれない

 

 

俺は小屋の中はあきらめ雨をなんとかしのげる小屋の前で雨の止むのを待つことにした

 

 

雨は一向に降り止まない‥

 

 

そこに人影が‥

 

 

清楚系の綺麗な女子高生だ

 

 

「雨宿りですか?」

 

 

と気さくに話しかけてくれる

 

 

俺は「そうなんだよ‥急にゲリラ豪雨にあって雨宿りしている所だよ」

 

 

「じゃ‥小屋の中で雨宿りしましょう」

 

 

「でも、鍵がかかっていて中にはいれないいだよ‥」

 

 

「これ鍵はダミーなんですよ、私地元だからよく知ってるです」

 

 

俺と少女は小屋の中に入り雨宿りをする事になる

 

 

女子高生の制服はビシャビシャ濡れ

 

 

ありえないくらいの発育の良い体が雨のせいでピッタリと浮き出ている

 

 

推定Gカップはあるんじゃないだろうか‥

 

 

雨で透け透けになったブラはピンクと白の可愛いチェック柄だ

 

 

俺は女子高生をガン見してしまう

 

 

女子高生は俺の視線に気づき

 

 

「あれ?どうしました?」

 

 

「い、いや、なんでもないよ‥」

 

 

そうやって俺が誤魔化していると

 

 

「ピカッ!ピカッ!」「ゴロ!ゴロ!」

 

 

と雷が鳴り響く!

 

 

女子高生は「きゃっっっっっ!」

 

 

俺の腕を掴んできたのだ

 

 

ハッと我に返った女子高生は俺の腕を離したが

 

 

まだ、少し不安な顔をしている

 

 

俺はもう我慢できなくなり

 

 

女子高生を壁に押し付けてしまう

 

 

「きゃぁぁぁぁ!」「いやぁぁぁぁぁ!」

 

 

俺はそのまま女子高生の豊満な爆乳をワシ掴みにし揉みまくった

 

 

「いやぁぁ!」「やめてっっっっっっ!」

 

 

俺はこんな若くて綺麗な女子高生とこんなチャンスはないと思い

 

 

無我夢中で女子高生を犯している

 

 

声が出せないように口をディープキスで塞ぎ

 

 

「んぅん‥だめぇ‥むぅ‥んん‥」

 

 

頑なに口を開こうとしない女子高生

 

 

俺は彼女の口のまわりをしつこく舐め回した

 

 

わずかに開く彼女の口に無理やり舌を突っ込み唾液をタップリ投入したりした

 

 

そして‥俺はとうとう自分の肉棒を彼女に‥

 

 

続きを立ち読みは画像をタップ♪

↓↓↓↓↓↓↓

Handyコミック【ブラ透け女子学生と嵐の夜に】※スマホ専用

 

 

【第2話】「快楽に溺れ女の貌を浮かべる少女に深く腰を打ち付け中に…」あらすじ・ネタバレ・感想

 

 

小屋に入ってしばらく時が流れ‥どれくらいたったのだろう

 

 

ゲリラ豪雨も少しマシになってきている‥

 

 

俺はこのまま雨が止まない事を願っていた

 

 

体に力が全然入らない彼女がガクガク震えている‥

 

 

俺は容赦なしに彼女をバックの大勢で壁に押し付ける

 

 

彼女はもう抵抗しなくなっている

 

 

何度も射精している俺はまた彼女のキツイおまんこに肉棒を刺したのだ

 

 

彼女のおまんこはグチャグチャに濡れていて

 

 

俺の肉棒とが擦れ「グチュ‥グチュ‥」と卑猥な音を立てている

 

 

彼女は「あっ‥らめっ‥こわれ‥ちゃ‥う‥あ‥あん‥」

 

 

そして俺はバックで肉棒を激しくピストンする

 

 

俺は彼女の顔が見たくなりバックの体勢から

 

 

彼女の顔をこちらに向けた

 

 

先ほどまで嫌がっていた彼女は既に少女の顔から

 

 

大人の女の顔になり何ともエロいアヘ顔で感じまくっている

 

 

俺はさらに興奮しピストンをさらに激しくしていった

 

 

そして‥俺はとうとう

 

 

続きを立ち読みは画像をタップ♪

↓↓↓↓↓↓↓

Handyコミック【ブラ透け女子学生と嵐の夜に】※スマホ専用